自動車の損害保険には、皆様方ももうご存知かと思われますが通称「等級」という略称で知られる数字があります。正確にはノンフリート等級別料率制度という名で呼ばれ、保険料に甚大に関係しているのです。等級によって、車の損害保険を利用している人の公明正大さを可能な限り担保することを主眼とするので、交通事故を起こす危険性あるいは自動車保険を用いられる現実性がより高ければ大きいと認められるほど掛金が値上げされます。しかしアクシデントを発生させる見込みがより少なく、クルマの損害保険を利用するとはあまり思われない被保険者は、優秀な保険利用者であるだろうと認められることで、保険の掛金が低廉になります。安全に運転している加入者の人が有利なシステムとなっており事故を引き起こしやすい方には多少不利なシステムであると考えられます。等級という制度は、良いドライバーと事故リスクがより高いドライバーの保険の料金が同じ額だと割高な金額を払わされていると感じる人が多いですし、保険を取り扱う会社サイドからしても経営上のリスクを低減させるためにどうあっても欠くべからざる機構だと考えられます。ここで、等級という制度が具体的にどんなシステムなのか明らかにします。まずは等級の数には1等級より20等級まで設けられ、級が増えると次第に保険の掛け金が安くなるようになっているのです。次に1等級より3等級の範囲については安くならず反対に値段が上がり事故を引き起こし自動車損害保険を利用してしまうと等級が3つ引き下げられより負担が増えた車の保険を払うことになります。最後に、はじめてクルマの損害保険に申し込むのであれば六等級よりの始まりとなりその等級から自分の数が下がるのか高くなっていくのかは被保険者の手にかかっています。ゆえに掛け金を安価に抑えたい運転者は、事故を発生させないように安全な運転に努力するのが一番大事だといえるでしょう。